学生から社会人への移行期にあたり、自己と社会を知り、自らの進路や将来設計をじっくりと考える。その実現のために自分は何をすべきかを明確化することを通じて、キャリア形成のプロセスを学ぶ。